STONEWALK KOREA 2007 BLOG

世界中の戦争で苦しめられた人々を悼むための碑石を、特別制の台車にのせて、朝鮮半島を縦断して、人力で牽きながら歩く「ストーンウォークコリア」の告知のためのサイト
<< 【訃報】廣瀬方人さん | main | 翕賚拭淵據Ε疋鵐離)さん紹介記事(ハンギョレ新聞) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
オバマ大統領宛のメッセージ
2016年5月27日に広島を訪問したオバマ大統領に向けて、2005年のStonewalk Japanを終えて広島に安置されている碑石を見て、Stonewalkのことを知ってほしい、と、アメリカのドットさんたちがオバマ大統領宛のメッセージを寄せてくれるよう呼びかけがありました。2005年の Stonewalk Japan 、そして2007年のStonewalk Koreaに関わった福岡のメンバー有志が、ドットさんを通じてオバマ大統領宛のメッセージを送りました。

以下に、そのメッセージを紹介します。
 

Saturday, May 21, 2016

Dear President Barak Obama,


 The great news of your first visit to Hiroshima makes us feel there are many possibilities and hopes though we feel anxious and doubtful at the same time.

 In the mid-summer of 2005, the sixtieth anniversary of the atomic bombing, Stone Walk members came to Japan from the USA. Led by them, many people from numerous countries including America and Japan got together and sweated together to draw the one- ton- memorial Stone on a caisson from Nagasaki to Hiroshima under the burning sun.

 The way of the apology these American people felt about the atomic bombing by the USA greatly moved us. We began thinking of an apology to Korean people for the torments which the Japanese imperial government delivered during thirty-six years of colonization. After a while these thoughts led to the Stone Walk Korea in 2007.  Many A-bomb victims exist in Korea. They have been suffering from radiation-related diseases and are still suffering. After the Stone Walk Korea, the memorial Stone is lying peacefully in Hapchon, which is called ‘the Hiroshima of Korea’

 We found that the heavy memorial Stone would not move at all only by the human strength of a few people, but the strength of many people could manage to move it. This seems to show that it is possible to realize the peaceful world without war if we strong-mindedly unite ourselves into one. The power of The Stone Walk made us feel the possibility. That was our greatest joy.
 
 On the other hand, American diplomatic foreign policy extremely tends to lead to wars. To our deep regret Japan and Korea are the same. We fear that your visit to Hiroshima this time may result in enforcing the military alliance between the USA and Japan, and fear that it may cause more and more sacrifices to people living in the areas of American military bases including Okinawa, Yokosuka, and Iwakuni.

 Please be all ears when you listen to A-bomb survivors when you visit Hiroshima!
 Please bear the reality of the atomic bombing in your mind, and take concrete actions for the abolition of nuclear weapons!

 Lastly, the memorial Stone of the Stone Walk Japan has been installed in the front yard of World Peace Memorial Church in Hiroshima for eleven years. Please pay a visit to the location and observe that Stone which was carried in all the way from America. Also please pay a visit to the cenotaph for Korean A-bomb victims in the Peace Park as well.

 We do hope that you, President .Obama honor unknown civilians killed in war from the bottom of your heart and take a big step forward to realize a peaceful world without nuclear weapons.
 
With respect and deep prayer,

The Stone Walk Fukuoka Members
    
 

2016年5月21日

アメリカ合衆国大統領 バラク・オバマ 殿


あなたの初めての広島訪問で、私たちはさまざまな可能性と希望を感じています。また同時に不安と疑問も感じております。

被爆60周年の2005年夏、ストーンウォークのメンバーがアメリカからやってきました。そして長崎から広島まで、アメリカ、日本を始め多くの国々の人たちが集まり、共に汗を流して、燃える太陽の下、1トンの碑石を台車に乗せ人力で曳いて運びました。

アメリカによる原爆投下に対するアメリカの人々の謝罪の気持ちは、私たちの心を強く動かしました。そしてその気持ちは、2007年、韓国での「ストーンウォーク・コリア」につながっていきました。 日本政府が36年間の植民地政策で、韓国の人々に与えた苦しみを謝罪したいと突き動かされたのです。 韓国にも広島、長崎で被爆し、長年病気で苦しみ、今なお苦しんでいる方々がたくさんおられます。現在、ストーンウォーク・コリアの碑石は[韓国の広島]と呼ばれているハプチョンに安置されています。

重い碑石は、2,3人ではびくともしませんが、大勢で曳けば何とか動き始めます。
私たちが強い気持ちで一つになっていけば、戦争のない世界を創ることが出来るという可能性を、ストーンウォークはひしひしと感じさせてくれました。それは私たちの大きな喜びとなりました。

一方、現実のアメリカの外交政策はあまりにも戦争指向が強く、残念ながら日本も韓国も同じです。あなたの今回の広島訪問が、日米の軍事同盟をさらに強め、そして、沖縄、横須賀、岩国をはじめ、米軍基地による犠牲を、現地の人々にますます強いることに不安を感じています。


あなたの広島訪問時には、ぜひしっかりと被爆者の声に耳を傾けてください。
被爆の実相をしっかりと心に刻んでください。そして、核廃絶をめざして、具体的な行動をとってください。

最後になりますが、ストーンウォーク・ジャパンの碑石は広島の世界平和記念聖堂の前庭に11年間安置されています。そこを訪れ、はるばるアメリカから運ばれてきたその碑石をじっくりとご覧ください。そしてまた、平和公園の中の韓国人原爆犠牲者慰霊碑にも足を運んでください。

オバマ大統領、どうぞ戦争で犠牲になった無名の市民たちに、心からの哀悼の意をささげてください。そして、核のない平和な世界の実現のために、大きな一歩を踏み出すことを切に願っております。

 
敬意と深い祈りをこめて

ストーンウォーク・福岡メンバーズ より

 
| 報告 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swkorea.jugem.jp/trackback/103
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
日本全国の天気予報

-天気予報コム-
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS