STONEWALK KOREA 2007 BLOG

世界中の戦争で苦しめられた人々を悼むための碑石を、特別制の台車にのせて、朝鮮半島を縦断して、人力で牽きながら歩く「ストーンウォークコリア」の告知のためのサイト
<< 8月25日・お墓参り | main | 除幕式に寄せて、アメリカからのメッセージ(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
除幕式に寄せて、アメリカからのメッセージ(1)
陜川での碑石の除幕式にあたり、アメリカ・ピースアビィのドット・ウォルシュさんからメッセージが寄せられましたのでご紹介します。



The Peace Abbey
2 N. Main Street
Sherborn, Massachusetts 01770-0216
www.peaceabbey.org

A Message To The People of Hap’chon

Stonewalk-Korea 2007


I recently learned that the Memorial Stone honoring civilians would be placed in Hap’chon as this area is called the Korean Hiroshima. On this day the Japanese Stonewalkers will meet with the Korean people to commemorate the suffering of the Koreans as a result of the war that continues to effect even the present generation.
 
As a Peace Chaplain from the Peace Abbey and a Stonewalker perhaps Stonewalk-Korea was the most profound pilgrimage I have experienced. The journey itself was most difficult and challenging for those who participated through the entire 7 weeks. The effort of the Japanese to bring their heartfelt apologies to Korea involved a great deal of preparation that included building the caisson and procuring the Memorial Stone. By taking responsibility for this the Japanese brought Stonewalk to the world. Stonewalk no longer belonged to The Peace Abbey. Now it is possible for Stonewalk to go wherever there has been civilian suffering as a result of war.
 
The suffering created by the atomic bombs can not be fully realized by those who have not been victims of the effects of radiation. It is the hibakusha who still are alive to tell of the horror they experienced who are here to teach us. And all of us who listen are filled with sorrow and compassion and a commitment to actively work to stop nuclear armament. I am a pacifist who will never believe that war is the answer. I am deeply saddened by the decision of the United States to use atomic weapons knowing that there would be enormous civilian casualties. My thoughts and prayers are with

both Koreans and Japanese who will be placing the Memorial Stone in Hap’chon. May this be a time of healing for everyone.
 

In Peace,
Dot Walsh




ハプチョンの人たちへのメッセージ

Stonewalk-Korea 2007


 戦争の犠牲となった市民を慰霊する碑石が韓国の広島と呼ばれるハプチョンに設置されることを最近知りました。この日、日本のストーンウォーク参加者は、戦争の結果今日の世代までもなお続いている韓国の人たちの苦しみを追悼する為に韓国の人たちと集います。

 ピースアビィの平和司祭、そしてまた一個人のストーンウォーカーとして、ストーンウォークコリアは私が経験した中で最も感銘深い巡礼だったように思えます。全7週間を通して参加した人たちにとって旅そのものが最も困難で挑戦的でありました。心からの謝罪を韓国に運ぶという日本人の努力は莫大な準備が必要でした。その中には台車を作り、碑石を調達する作業もありました。この責任を果たすことによって日本の人たちはストーンウォークを世界へデビューさせたのです。ストーンウォークはもはやピースアビィのものではなくなったのです。いまやストーンウォークは戦争の結果苦しむ市民がいるところへはどこへでも行くことが可能になりました。

 原子爆弾による苦しみは放射線影響の被害者でない人たちには完全に理解されているとはいえません。今日生き長らえて自らの体験した恐怖を伝えてくれるのは、私たちに教えるためにここにいる被爆者です。そしてそれに耳を傾ける私たちは悲しみと同情の念、そして核軍備を止めさせる活動への約束の気持ちに満たされています。私はアメリカが莫大な数の一般市民死傷者が出ることを承知で原子兵器を用いる決定をしたことを深く悲しんでいます。私の思いと祈りは、ハプチョンに碑石を設置する韓国と日本両国の人々と共にあります。これが一人一人の方にとって癒しの時となりますように。


平和の中に

ドット・ウォルシュ

【訳:吉田睦子】
| - | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 18:07 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swkorea.jugem.jp/trackback/75
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
日本全国の天気予報

-天気予報コム-
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS