STONEWALK KOREA 2007 BLOG

世界中の戦争で苦しめられた人々を悼むための碑石を、特別制の台車にのせて、朝鮮半島を縦断して、人力で牽きながら歩く「ストーンウォークコリア」の告知のためのサイト
<< 除幕式に寄せて、アメリカからのメッセージ(2) | main | 李時雨氏の無罪判決を求める緊急要請書 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
チョ・ソファンさんのメッセージ
陜川での除幕式に際し、昨年のストーンウォーク・コリア2007の通し行進者の一人であり、誰よりもストーンウォーク・コリアの実現に熱意をもっておられた、在日コリアンのチョ・ソファンさん(兵庫県在住、今回の除幕式は都合により欠席)から寄せられたメッセージです。



「스톤워크 코리아(ストーンウォーク・コリア)」碑石除幕式に寄せて


日本がかつての植民地支配と侵略でアジアの人々に苦難を与え、その心に今も深い傷を残していることを私は知っている。特に、韓半島に住む多くの原爆被害者がたどった戦後の足跡を思うとき、私の心は痛む。

当時、日本に居住していた韓国の人々は、強制連行か、もしくは土地を収奪されて故郷を引き離された人達だった。私の一家は密陽に住んでいたが、75年前に関東軍憲兵隊に土地を奪われたため、日本へ渡って来た。

侵略した側の子孫と侵略された側の民族が、和解の精神で平和を願って共に歩いた「스톤워크 코리아(ストーンウォーク・コリア)」。私にとっては、再び故郷に帰ることの出来なかった両親・同胞への鎮魂と供養の旅でもあった。

この哀悼の念を陜川の方々に捧げる。

南無妙法蓮華経

2008年8月23日
小煥
(日本国兵庫県三田市在住)




| - | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:48 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swkorea.jugem.jp/trackback/77
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
日本全国の天気予報

-天気予報コム-
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS